文系プログラマーの休日の過ごし方

文系出身でもプログラマーは存在します。彼らの多くはその趣味の延長で自学自習でプログラミングを体得していたり、あるいは自ら専門学校等で学んで努力してプログラマーになった人などが挙げられます。
彼らは、理系出身者とは異なる休日の過ごし方をする人が多く、仕事から離れた趣味を持つ人も少なくないとされています。たとえば、歴史好きな人であれば歴史に関する古城巡りであるとか、図書館等で小説を読んでみたりであるとか、理系出身のプログラマーとは少々異なる趣味を持っていることが多いです。
そのため、仕事面でも文系出身者は理系出身者に対して、意見の異なる視点からの提案などがなされ、うまくそれが組織や他の人と噛み合えば、仕事にもいい刺激になり、いい結果につながるケースが見受けられるところです。同じ系統出身者ばかりになるとどうしてもその意見なども同じ方向性に偏ってしまいがちです。その点少し異なる視点から仕事へのアプローチができる人材が存在することは、組織にとって決してマイナスになりません。
ただ、理系出身であれ文系出身であれ、この仕事自体は昔から激務だとされ、仕事漬けの毎日になりがちです。心身の不調を訴える人も少なからず存在していることから、気分転換としての趣味をしっかりと持って行動することで、心身の不調特に精神疾患の不調になりにくいようにしていくことも、個人の心がけとして持っておくことが大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です