文系だから持てる視点を生かす

文系の学歴や職歴を積んできた人がプログラマーに転職して働くことの魅力的な面の一つは理系ではできない考え方に基づいて開発に携わっていくことができるという点です。情報技術に関するバックグラウンドの少なさからプログラミングの習得や各種の情報機器の特徴等についての理解を行うには苦労を伴うものの、現場で働けるレベルに到達できてしまえば技術者としての能力で理系にひけをとるわけではありません。その点に到達した場合に重要となるのは個人としてもつ知識や思考力の方が重要になるのです。

文系というバックグランドが理系に比べて優れている点は、実社会により近い領域での経験を多く積んでいるという点です。特にそれが顕著に生きてくる分野が経営や経済に関する考え方です。クライアントの要求についてビジネスをする側の視点から理解することができたり、開発しているソフトウェアをいかにして売れるようにするかという視点で開発を進めたりすることができます。仕様書上には細かな配慮がなされていなかったとしても新たにそういった視点を組み入れていくことによって、理系のプログラマーでは容易には成し得ない仕事を達成することが可能となります。そういった文系ならではの実社会での需要に結びついた考え方でプログラミングに取り組み、世の中に出て行くシステムやプログラムの開発を担っていくことができるのがプログラマーへと転職して仕事をする魅力なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です